ピース動物病院の外科診療

近年の伴侶動物(コンパニオンアニマル)の高齢化及び動物医療の高度化に伴い、昔に比べると動物病院では日々様々な病気と向き合う機会が増えてきています。
また人間の医療と異なり診察する科目、動物種は多岐に渡りそれに伴う、治療へのアプローチ、手技、投薬方法・量も動物によって大きく変わってきます。動物自身の年齢が若く、羅患している病気も診断・治癒しやすいものであれば、回復も順調に進み良い結果も得ることができますが、中には動物が高齢で治療の手段も外科手術以外には回復の望めない病気も多く、動物の状態、手術の難易度によっては結果的に動物と飼い主様の体と心に傷を残してしまうこともあります。

外科診療イメージ
外科診療イメージ

当院では、日進月歩の獣医外科医療を患者様に提供できるよう日々努力し続け、物言わぬ動物の痛みのケア(ペインコントロール)や手術手技の訓練、高度な手術器械を用いる事により、可能な限り伴侶動物と飼い主様の体と心に侵襲の少ない手術を心がけています。『良い外科医は良い内科医でもある』これは、私が尊敬する先生の言葉です。
この言葉を信念にピース動物病院では外科診療・内科診療のプロフェッショナル、究極の総合医療を目指していきます。

≪主な外科手術例≫

異物誤飲による腸閉塞
異物誤飲による腸閉塞
(調切開術にて摘出)
犬会陰ヘルニア
犬会陰ヘルニア
(内閉鎖筋フラップにて整復)
犬線維性歯肉腫
犬線維性歯肉腫
(高周波電気メスにて摘出)
犬前十字靭帯断裂
犬前十字靭帯断裂
(LSS法にて整復)
犬乳腺腫瘍
犬乳腺腫瘍
(乳腺片側全摘出術)
犬腹腔内腫瘍
犬腹腔内腫瘍
(脾臓摘出術)
犬肛門周囲線腫
犬肛門周囲線腫
(肛門腫瘍摘出術)
犬臍ヘルニア
犬臍ヘルニア
(髄ヘルニア整復術)
犬膀胱結石
犬膀胱結石
(結石摘出術)
犬子宮内蓄膿症
犬子宮内蓄膿症
+片側性子宮無形成症
猫下部尿路閉塞
猫下部尿路閉塞
(会陰尿道造痩術にて尿道拡張)
猫子宮腫瘍
猫子宮腫瘍
(子宮卵巣摘出術)
猫消化器型リンパ腫による腸閉塞
猫消化器型リンパ腫による
腸閉塞(回腸-結腸吻合術)

当院での手術の流れ

  • 手術前の血液検査、レントゲン検査、超音波検査等避妊・去勢手術の際にも可能な限りお勧めします
  • 血管確保、痛みのケアのための処置
  • 注射麻酔で導入、気管内挿管、静脈点滴、各種生体モニターの設置
  • 毛刈り、消毒
  • 完全滅菌下にて手術
  • 復音、覚醒
  • 必要に応じて入院、避妊去勢手術は日帰りで行っています

当院で実施出来ない手術(心臓外科、脳外科、特殊整形)に関しては、近隣の高度医療施設に紹介させて頂いております。

その他当院で実施している外科診療

生殖器・産科疾患

≪主な症例・施術例≫停留睾丸、帝王切開、子宮蓄膿症、精巣・卵巣腫瘍、乳腺腫瘍 など

生殖器の病気と言えば、人間では一般に不妊症などの生殖機能の障害が話題となりますが、普通に犬を飼っている場合は、主として健康に害を与える生殖器自体の病気を指します。
もちろん、動物にも不妊症の問題はありますが、生殖器の病気には命に関わるものもありますので注意が必要です。当院では、生殖器系疾患を予防するための避妊・去勢手術も行っております。

避妊・去勢手術についてはこちら>>

口腔内疾患

≪主な症例・施術例≫歯石除去、抜歯(残存乳歯、根尖病巣による)、唾液腺摘出、軟口蓋過長切除、
口蓋裂整復、口腔内腫瘍など

口腔内疾患イメージ

私たち人間と同様、ワンちゃん、ネコちゃんの食環境も変化いたしました。それに伴い、歯周病のワンちゃん、ネコちゃんも増えてきました。普段からちゃんとデンタルケアをしてあげる事で、事前に防ぐことが可能です。
院内にて専用の歯ブラシを販売しております。また、口腔内の各種手術、抜歯なども行っております。
大事に至る前にご相談ください。

自宅でできるデンタルケアについてはこちら>>
抜歯イメージ
抜歯
外歯瘻イメージ
外歯瘻
歯肉弁蓋切除術イメージ
歯肉弁蓋切除術
猫抜歯イメージ
猫 抜歯

泌尿器疾患

≪主な症例・施術例≫膀胱/尿道結石摘出、腎臓摘出、会陰尿道造痩など

泌尿器疾患イメージ

腎臓が正常に機能しなくなると本来、老廃物として外へ放出されなければならない不用な養分が血液に混じり蓄積されていきます。
その時は気付かなくても、検査をした時は血液中に老廃物がたまってしまっていて、体を弱らせている原因になっているかもしれません。じわじわと効いてくる病気なので注意が必要です。検査においては尿の比重を計算し腎臓の状態を調べます。健康診断等をご利用ください。

腎臓超音波イメージ
腎臓超音波
膀胱結石イメージ
膀胱結石
(シュウ酸カルシウム)
尿結石イメージ
尿結石
(ストルバイト結晶)

消化器疾患

≪主な症例・施術例≫胃・腸切開(異物・腫瘍)、胃捻転整復・固定・脾臓摘出、幽門形成、腸切除・吻合、
肝葉部分切除、胆嚢切除、会陰ヘルニア整復など

消化器疾患イメージ

人間は体調を崩すとよく消化器の病気になりますが、犬もやはり同じような理由で消化器の病気にかかります。また犬は、食べ過ぎて吐いたり下痢をしたりすることも少なくありません。
レントゲンを用いて胃腸の状態を調べ、症状に応じて腫瘍摘出手術や食餌を変えて経過観察をします。食欲がない、嘔吐を繰り返す、異物を誤飲した等の症状があればお早めにご相談ください。

バリウム検査イメージ
バリウム検査
犬腹部レントゲンイメージ
犬腹部レントゲン
(異物誤飲)
糞線虫症イメージ
糞線虫症
犬腸閉塞イメージ
犬腸閉塞

整形関節疾患

≪主な症例・施術例≫大髄骨頭切除(大髄骨脱臼、大髄骨頭壊死)、膝蓋骨内方脱臼整復、前十字靱帯断裂など

ピース動物病院では犬や猫の骨折・脱臼・靭帯損傷・関節疾患など、特殊な技術と機材が必要となる外科治療に関しても対応いたしております。
靭帯損傷については、激しい運動の後の突発的な損傷から慢性的な損傷があります。又脱臼については、生まれつき靭帯がゆるい、もしくは欠損している事があります。
触診、レントゲン検査による早期発見、症状の改善に努めています。

眼科

≪主な症例・施術例≫角膜放射状切開/瞬膜フラップ(角膜腫瘍)、眼球摘出、チェリーアイ整復など

犬には、私たち人間には無い、第3のまぶたがあります。第3のまぶたの事を「第三眼瞼(がんけん)」または「瞬膜(しゅんまく)」といいます。ここには全体の30~50%を占める割合で涙腺があります。この膜がしらぬうちに飛び出してしまうことがあります。最初のうちは出たり入ったりしていますが、これを繰り返してしまう事によってずっと出たままになり手術を要することがあります。しかし、膜を切ってしまうとドライアイになる可能性も高く、当院では切らずに治すことを基本としております。

神経疾患

≪主な症例・施術例≫椎間板ヘルニア、椎体骨折など

てんかんや椎間板ヘルニア、脳腫瘍などの疾患があてはまります。
内科療法や鍼灸治療などもある中、椎間板疾患や脊椎疾患、腫瘍性疾患の場合は、外科療法にて治療をおこなっております。

エキゾチックアニマルの疾患

≪主な症例・施術例≫門歯・臼歯の過長/歯切り(ウサギ・ハムスター)、異物誤飲による腸閉塞(フェレット)、
体表腫瘍切除など

日々進歩する先端医療を常に学びながらエキゾチックアニマルにも応用していきたいと考えております。